ピアノ演奏で 驚いたこと発見したことを 書いていきます
トップ ページ

2024年7月5日(金)
ありがとうございました
先日の 西尾合唱団 定期公演
モーツァルト ピアノ協奏曲 ジュノームでは
ホールいっぱいのお客様に 聴いて頂き
とても うれしかったです

気心の通じる オーケストラの皆さんと
一緒のタイミングで音を出し、共同で
フレーズを作り、楽しいひとときでした

西尾合唱団の合唱は 明るく華やか
素晴しかったです
指揮の田中瑞穂先生には演奏でも運営でも
とても お世話になりました
本当に感謝しております

ありがとうございました
(写真 西尾合唱団)
2024年7月14日(日)
左のペダル 使う部分は?
 
ピアノの左ペダルを踏むと 音の変化は
いろいろ…

1) 音色強弱 全く変わらない/ほぼ変わらない
2) 響きのボリューム 少なくなる(弱くなる)/
  柔らかいけど鈍い/生気のない 濁った響き
3) 浅く 薄っぺらい/強弱なく 単調/
  鼻にかかった/酸っぱい感じの音色


演奏会場のピアノ 左ペダルを踏んで 1)2)3)の
どれになるか?弾いてみないと わかりません

なので 左ペダルの音色・表現力を確かめる
おすすめテストパッセージ(ベートーヴェン
シューベルト リスト)が 本に書いてあるほど
(ブレンデル 楽想のひととき 231-232頁)

試験やコンクールには リハーサルありません
ぶっつけ本番のピアノの 左ペダルで
一か八かのギャンブルは できないので
左ペダル使う部分を 最小限に 決めておきます
・作曲家が 左ペダル 指定した部分
・必ず 左ペダル 使いそうな部分
左ペダル 演奏家のアドバイス
 
ピアニストは 弱音を 指で弾けるように
勉強すべきで、左足に頼っては いけない

音色変化(pp, sotto voce)が 指示されて
いる時のみ 例外的に使うのが 妥当でしょう

(スコダ モーツァルト演奏法と解釈 67-69頁)

(伴奏者の)私としては 響きの変わらない
ソフトペダルを好む
しかし 楽だからといって 悪用しては いけない
左ペダルを使わないピアニッシモの方が
常に ずっと 美しい響きが する

(ドイチュ 伴奏の芸術 68-69頁)

左ペダルをたくさん使う若者を たとえると
声を変えるボイスチェンジャーに 頼りきって
演技する 新人声優でしょうか

長年 教えていれば「指で 音色強弱つける
のが 優先…若いうちに 修行」

「左ペダルに頼るのは 技術未収得の人」
こんな考えに至るはず と思っています
※※※※※※※※※※※※
「バロック上級曲で 左ペダル使わないのは
 おかしい」

ある審査員が 講評で こきおろしていると
同業者のうわさで 聞きました
経験から学んだ 自分の考えとは 正反対…
「宇宙人のお告げ」を 聞いているみたい

自分だったら 単調な部分を良くするために
こんなことに 取り組みます
左ペダルに 頼らず…
キャラクターつける/各声部仕上げる/
終止感 感じる/抑揚つける/拍子感じる/
手指のコントロール/手を育てる
2024年7月5日(金)
フォーレ 夢のあとに
チェロ
フランス人作曲家フォーレの情熱的な歌曲
スゼー YouTube
チェロなど旋律楽器のピアノ伴奏も 多い

 「夢のあとに」チェロで弾く場合 原曲の
 フランス語歌詞を楽譜に書き込んで…
 言葉の気持ちや語調を チェロの音で
 伝えるよう心がけて下さい  フルニエ


名人 フルニエに師事した日本人チェリスト
安田氏の文章が かなり前の日本演奏連盟
会報に ありました

歌詞やキーワードの語調を感じるチェロ…
少数派ですが ナヴァラ 旧録音 YouTube
手間をかけて 歌詞を チェロの音に
翻訳しているように 感じます
※※※※※※※※※※※※
声楽 YouTubeでは 器用に歌っているけど
言葉の感じられない歌が 多くて 不満
(音符を歌って 歌詞を当てはめている)

歌詞を歌って 趣を伝えられる歌が 好み
 スゼー  モラーヌ YouTube

前言ひるがえすようですが…
歌詞関係なく 強烈に弾いた弦楽器演奏にも
説得力が あります
音楽の運びに とてつもなく ビックリ…
 ロストロポーヴィチ  ギトリス YouTube
※※※※※※※※※※※※
伴奏
「夢のあとに」多くの伴奏聴いて 思ったのは
「簡単な伴奏」でも 手間をかける!
1. 2. かろうじてやった伴奏では 不十分

1.伴奏でかすぎない
 チェロを引き立てる音質 強弱で伴奏
2.ずれないように弾く
 楽譜のタテを合わせる
3.キャラクター付ける(感情表現)
4.低音 中音の旋律線を作る
 楽譜ヨコのラインを作る
5.低音と和音きざみ「両方で」緩急演出


あと 大切なのは
独奏者が弾きたいようにできる伴奏…
2009年10月 2010年1月 4月 6月 8月 11月

2011年1月 4月 7月 10月 2012年1月 4月 7月 10月

2013年1月 3月 7月 9月 11月 2014年1月 3月 5月 8月 10月

2015年1月 3月 5月 7月 10月 2016年1月 4月 7月 10月

2017年2月 5月 7月 11月 2018年1月 3月 5月 8月 11月

2019年1月 4月 7月 10月 12月 2020年2月 5月 8月 11月

2021年1月 4月 7月 9月 2022年1月 4月 7月 10月

2023年1月 4月 7月 10月 2024年1月 4月
Copyright(c) 2024 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.