夢藤哲彦の 日々の活動 から、驚いたこと、発見したことを 書いて いきます。
トップ ページ  2018年11月〜

黄金アドバイスの 宝庫  2018年10月20日(土)

セイモア・バーンスタイン 心で弾くピアノ Seymour Bernsteinセイモア・バーンスタイン(アメリカのお爺ちゃんピアノ教師)の弾く
シューマン:「月の夜(クララ・シューマン編曲)」
(You Tube 演奏開始は 1分〜)を 偶然聴きました。
桃源郷を さまようかのような うっとりする演奏! 衝撃でした。

興味を持ったので、セイモアさんの心で弾くピアノ(Amazon)を
読んでいます。 正確に 訳してあるけれど、
動作の説明とか 自分の頭にイメージが 思い浮かばない本。
でも、「このアドバイス 素晴らしい!なるほど〜!」 という
黄金のアドバイスが あちこち ありました。

265頁 演奏会にこぎつけるには、三つの段階を経なければならない。
 1)楽譜を勉強するための練習
 2)演奏の練習(人前で演奏しているつもりで練習)
 3)人前で プログラムを試しに弾いてみること

こんな風に明瞭に分類すれば、何が足りないか 見つけやすいです。

255頁 「対位法の作品を完全に覚えられるか は、
各声部を別々に記憶しているか どうかに かかっている」と
ナディア・ブーランジェは 我々に よく注意していた。
ここまでしないまでも、ピアニストは
片手ずつ 別々に 暗譜で弾けるように 努力すべきである。

暗譜で 怪しくなるのは 「全声部の動きを 覚えてないから」ですね。

239頁で (8小節)メロディーのまとまりを
「メロディック・インヴェンション」 と 名付けています。 初めて見る言葉。
バッハのインヴェンション1番のメロディーを 覚えるみたいに
「縦・横・斜めから 詳し〜く観察!!」
不規則で とらえにくい バロック曲を 覚えるヒントに なりました。
ラバーズ・コンチェルト 2018年10月13日(土)

「バッハ作曲 ト長調のメヌエット」、ポピュラーソングの
「ラバーズ・コンチェルト」の原曲としても 有名ですね。
このメヌエット、実は バッハでなくて ペッツォルトの作った曲。
幼い息子たちや嫁さんに 弾かせるために バッハが作った楽譜帳に
入っていたので 「バッハの曲だろう」と 思われてきました。

同じことが、モーツァルトにも あります。モーツァルトのお父さんが
7歳の幼いモーツァルトに 楽譜帳を書いて プレゼント。
その中の 「ブレ」だけは、お父さん(レオポルト・モーツァルト)
の曲でなくて、グラウプナーの曲のようです。

昔から ふに落ちなかった「リュリ作曲 ジーグ」も 調べてみました。
音符が12個並んでるジーグ、リュリでは 見つけられませんでした。
「リュリのジーグ」は、なんと ロワイエの作品でした!
「以前、リュリの作品 とされていた曲」 と コメントが 付いています。
Jean-Baptista Loeillet: Lessons for the Harpsichord or Spinet
You Tube 11分10秒〜 (レッスン1 ホ短調の 5曲め)

「同じリズム感」のジーグ参考曲は、ロワイエの「いとこ」の作った
リコーダーソナタの終曲 ジーグ (You Tube)。
(ピアノ曲のジーグは リコーダーソナタのジーグより 速く弾くでしょう)
曲の出所が分かると、値千金のヒントが得られることも あります。
バロック初歩曲「演奏の探し方」 2018年10月4日(木)

バロック初歩曲、どうやって弾いたらよいか? 私でも 迷います。
楽譜にCDが付いていれば お手軽に 使えますが、
ダウンロード販売(Amazon, iTunes)や You Tubeで
演奏を探す時、こんな風に探しています。

1)「作曲家アルファベット」と「曲番号の数字のみ」で 検索
  (「曲名」は 入れません)

2)数字のない曲は「作曲家と曲名」をアルファベットで
 「楽譜に書いてある通り」に 入力して 検索

3)曲番号だけで うまく探せない曲は、「作曲家・曲名・番号


どの演奏を選ぶか、戸惑います。 選ぶのに 時間をかけます。 基準は
 ・テンポ(スピード)が ちょうどよい
 ・ルバート(崩し)が少ない、よろめかない


装飾音が「本格的」なので、学習者用のピアノ演奏より、
古い楽器の チェンバロ演奏の方が はるかに好きです。
でも、問題点が二つ。 チェンバロ演奏は「音が低いこと」と「崩し」があること。

チェンバロ演奏は 音の高さを「下げて」、昔のバロック時代風にしてます。
「ド」が「シ♭」に 聴こえるものまで あります。
何十年も がんばって聴いてきましたが、だんだん無理に なってきました。
「カレーを食べながら シチューの味に 感じなきゃ」みたいな 負担です。
音の下げ幅の少ない演奏を選ぶか、ウォークマンで 半音上げて聴いてます。

最近のチェンバロ演奏の傾向、崩しが多くて せわしなく速いのは、苦手。
レコードやCD時代の ちょっと古い演奏家たちの演奏の方を、懐かしく感じます。
妙な崩しがなくて、落ち着いたテンポ なので。
たとえば Kenneth Gilbert チェンバロ演奏で バッハのインヴェンション など。

例外は、スカルラッティのソナタ。 チェンバロ用の曲なのに、チッコリーニ、
ミケランジェリ、ホロヴィッツの名人芸のピアニストで聴くと、嬉しくなります。
磨きぬいてあって 色彩豊か!

結局、ピアノとチェンバロの両方 聴くことに なってしまいます。
 「逆」愛の夢  2018年9月15日(土)

「ピアノの先生が 日本語の語感で安直に弾いている」ので 違和感を感じる、
その典型的な曲は、リストの「愛の夢 3番」。 30年間 悩まされ続けました。

メロディーが、小節後半で 次の1拍めに 向かわない、小節線を またがない
一息で歌う最後の音が 成り行きまかせ… メロディーの方向が 逆!

 
「愛の夢」は、リスト作曲のドイツ語の歌を Kunz 9分10秒〜 Damrau(You Tube)
リストが ピアノソロに 編曲した曲。
外国語(ドイツ語)歌詞の進み方で メロディーを弾けば よい と 思うのですが。

さらに アメリカのポピュラーソングのリズムで 弾く人も いました。
たとえば ヒット曲「Unchained Melody」のリズム(You Tube)。
伴奏音符6個は 3+3でなく、4+2に してほしいです。
  
感覚が違っていたり 音楽のスタイルが違っていると、教える時間が 膨大に かかって
しかも ほとんど理解されません。 教えていて 苦味が 残ります。
アイ ハブ ア ペン  2018年9月7日(金)

「ピアノの先生方が 発表会で演奏する連弾」を 数多くレッスンしてきて、
「日本のピアノの先生に 共通する問題点」が 目立ってると思いました。
これは、何十年も ずっと 気になっていることです。
たとえるなら アイ ハブ ア (空白) ペン
        
1)小節の中身の音(4拍子なら2拍め3拍め4拍め)で、
 強さと動きが 減ってしまう「竜頭蛇尾」
 次の小節に向かって「引っ張ってほしい」


2)小節線 超えたら、壁の向こうの「赤の他人」
 小節線を「またいでほしい」

 英語の歌ですが 「マイ・フェア・レディ」の「踊りあかそう」だと
   I could havedanced―  allnight !

3)一息で歌える「メロディー最後の音」なんか 全く眼中にない
 「フレーズ最後の音」に向けての 味わいを作る


ふだん 私が教えている先生は、言えばすぐに修正できるけれど、
自分とは接点のない先生を変えるのは 魔法使いでも無理。

音楽が止まっちゃってる、バラバラメロディー、歌い方のピントずれてる…
音楽家として生き残るんだったら 最重要ポイントなのに。
人前で演奏するのなら、そこんところ 気が付いてほしいなぁ。
経験が マイスターを作る  2018年8月21日(火)

ベテラン先生)難しい演奏試験に 挑む予定ですが、
 ピアノソロで「重圧のかかる試験」なんて、久しぶりなんです。
ムトー)恥かくのを ためらって 「いきなり本番」なんて、もってのほかですよ。
 試験曲が 人前で弾く「3回目の演奏」になるように 準備してくださいね。
 最後の1〜2か月、次の練習も混ぜたら どうかな。
 目標は
 ・ ちょうどよい「スピード」で
 ・ 間違えずに(本番だと混乱する場所、正しい形を 体で覚える)
 ・ キャラクターをつけて、音楽の味をつけて

 方法は
 ・「服(袖)、靴、髪」を 本番と同じにして
 ・ スマホかビデオカメラで「録画して」修正
 ・ 誰かに聴いてもらう、広い場所借りて弾いてみる


 ピアノ関係の本から 要約して引用してみると

ステージで 新しい作品を弾く前に、それを3度さらって、わきに置いておく…
ある曲 4回目の公演で やっと満足できる解釈を得た…

(ネイガウス「ピアノ演奏芸術」から「演奏会活動」の章)

ミュージカルの世界で 新作の運命がかかるブロードウェイ初日より前に
田舎で「オフ・ブロードウェイ」という試し公演をするのは 根拠のあること。
クラシックの有名な歌手たちも、新しいプログラムを まず 地方で試している。
偉大な歌手たちが、びっくりするほど落ち着いて 悠々としていられるのは
偶然ではない…
友人を何人か集めて ホームコンサートをやってみるのも 同じ手…

何回か本番を重ねて初めて、自分なりに確かなものが つかめる。
コンサートの経験は、練習に比べられるものではない。
経験が マイスター(達人)を 作る。

(ドイチュ「伴奏の芸術」から「コンサートの当日」の章
https に 変更しました  2018年8月2日(木)
夢藤ホームページの url(住所)冒頭を http から https に 変えました

 これまでの http ページも 続けて ご覧いただけますが、
 暗号化通信の「鍵マーク」が つきません。

 「お気に入り」登録の 変更を して頂ければ、ありがたく思います。
 新しい 夢藤 ホームページ https:// を表示して→ 変更できます。
 お手数かけて 申し訳ありません。

 今後とも よろしく お願い申し上げます。
2009年10月  2010年1月  4月  6月  8月  11月

2011年1月  4月  7月  10月  2012年1月  4月  7月  10月

2013年1月  3月  7月  9月  11月  2014年1月  3月  5月  8月  10月

2015年1月  3月  5月  7月  10月  2016年1月  4月  7月  10月

2017年1月  2月  5月  7月  11月  2018年1月  3月  5月  8月  11月
Copyright(c) 2018 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.