夢藤哲彦の日々の活動から、驚いたこと発見したことを書いています。

2009年10月〜  2010年4月〜  6月〜  8月〜  11月〜
子犬のワルツは多分作り話、この鉛筆画を描いたサンドへの手紙に子犬の話題
2010年3月30日(火)
僕 ショパン、子犬は好きなんだけれど、おまわりさん とは話が合わないね
 「日本語をしゃべっている感覚」と「ピアノ音楽のメロディー」は、
全く逆なんだなあ と、 先週 あらためて実感しました。

例えば、「犬のおまわりさん」の歌では、日本語の話し方を 生かして
 | ぬのー   | まわさんー  と 歌いますね。
・発音は、必ず! 区切りの1拍めから 始まり、語句の終わりは 空白。
 (日本語では、小節ごとにちぎって 空白にした方が 聞き取りやすい)
・音程を高くして アクセント
・文の前半に キーワード…後半や最後は、大事でない。

 日本語の逆に発音すると、見事に!(欧米)ガイジンさん風の発音に
 |ご |ねあーん
・しゃべる時、語句が 区切りの1拍目を はさむ場合が 多く
・(英語やドイツ語だと) 音を強くして アクセント (言語によっていろいろ違う)
・文の後半や最後に キーワードあるので、そこに向かって 進む。
 各行最後の単語に 大事な意味があったり、発音を そろえたりする。


ショパンの 「別れの曲」 を 「犬のおまわりさん」の 日本語方式で弾くと、
先に進むはずの場所で、ことごとく 止まってしまい、めちゃめちゃに。
なぜなのか?? 考えてみました。
正面・穴のあいた紙が動いて風圧で鍵盤動かす
2010年3月17日(水)
カ ラ オ ケ

 渡された伴奏楽譜の ピアノ編曲を 大幅に変えよう、と 思ったので、
ピアノ伴奏だけの カラオケCDを 自宅パソコンで 作っていました。
共演者を ビックリさせないため、初回リハーサルを スムーズに進めるため。

「録音して→聴いて→練習」 を 3回繰り返して、あちこちのタイミングを
これでもか、というほど 徹底的に修正しました。

自分の演奏を 仕上がってない状態で聴くのは、大変な苦しみですが、
やってよかったです。 音楽性を上げるヒントが つかめそうに 感じました。

( カラオケのなかった100年前は、自動演奏ピアノと歌うことが あったかも…
 好きな音楽映画 「イースター・パレード」 は、1912年頃の 舞台設定 )

小塚憲二さんの楽譜
2010年2月19日(金)
さらっとキープ  メロディーは塩味のように  消防署でお茶を飲む

 お気に入り音楽映画「イースター・パレード」を見て、勢いよくノリノリの
演奏なのに
落ち着き払った安定感。 どうやったら、こういう演奏になる
かなあと思っていました。

チェロの日野俊介さんから、 「(りきまず)さらっとキープして」
アドバイスを頂きました。 納得&感謝。

「右手で弾くメロディーを、どれくらい目立たせないか」は、ピアノ伴奏の
ポイント。
 伴奏部分で、ピアノ独奏のようにメロディーを強調すると、
ふたりの女優さんが
「何が何でも、私が主役なのよ!」 と
意地を張り合っている みたいになります。

歌を邪魔しないよう、右手だけは柔らかい音色で、強弱を抑える。
同時に、音程がはっきりわかり、「しっかり」厚く支えて欲しいもの。
「目立たず、ボリューム豊かに」は調味料の使い方、塩加減かな…

ジャンルの混じった大がかりな演奏会は、専門家が確かめて準備して
いかないと
難しいことが起きます。
わかってない人が 見切り発車 … 怒号の嵐! 収拾つかなくなった

オーケストラ・リハーサルに、出くわしたことが あります。

当日配られたピアノ・パート譜は、右手と左手の音符が「1小節ずれて」印刷
練習番号がないので、止まるたびに 全員が曲の始めから 何十小節も数えて、
指揮者なし、全体の楽譜見られず、合わせても合わせても 大混乱の渦の中…
無理に来てもらったゲストの歌入れず、音楽の練習というより、
セリフ怒鳴る演劇。


その点、音楽監督の 田中瑞穂先生は、段取りの天才。
小塚憲二さんの 編曲は、見やすく 手堅く センス良いので、助かります。
今までの経験から 言うと、中核になる音楽家は 自発的に連絡を取り合い、
テンポ 打ち合わせて、参考音源を送った方が 良いです。 全体練習前に
2〜3人の練習を1〜2回しておくと演奏が安定します。
これは、夢藤のジンクス!
ちょうど、「暴れん坊将軍」が 情報収集のため
出歩いているような ものですね。

Viki
2010年2月19日(金)
ほがらかで 一生懸命 取り組む人

 Vikiさんに出会ったのは 2年前。 「オーケストラと初共演なら、
楽しい雰囲気の
リハーサルを 心がけて、他人の音にも関心を持つと、
味方になってもらえますよ」と 話したことがあります。

 先日も、ほがらかに話しかけて、ほんわか 明るい リハーサル。
ところが、Vikiさんは、小塚憲二さん編曲の オーケストラ譜の細部まで
目を通してリハーサルに臨んでいるようです。
カノンの響き、音域、パソコン楽譜作成の話題や
「この音は
ギターの望月雄史さんが 積極的にエイヤ!と出すんですよねえ」と

何かの機会に しゃべっていたのを、聞いたことが あります。

 自分の歌に集中して、勉強してきた素振りは 見せない人ですが、
誠心誠意 伴奏しなければ、という気持ちに させられます。

2010年2月14日(日)
心に沁み入るバレンタイン
Viki バレンタイン プログラム

 Viki(ヴィキ)バレンタイン・コンサートでピアノを担当しました。
複雑で大規模な演奏会の現場はバタバタすると覚悟
していたら、
驚くほどスムーズでした。

 都築譲 一色町長をはじめ、力を合わせて盛り上げて
頂いた皆様、心から楽しんで下さったお客様に、
感謝の気持ちでいっぱいです。


 Vikiさんは、声も歌もトークも、お客さんを心やさしく
包んでいくように
変わってきたと感じました。
Vikiさんブログ写真アルバムで当日の演奏風景が
ご覧になれます。メガネをかけたピアノ演奏姿に、ビックリ。

最近使ったポップスの楽譜
2010年1月29日(金)
全然違う! 「ちょっと違うんです」 ちょっと安心

シンガーソングライター Viki さんと、1回目リハーサルを しました。
違うジャンルの方と共演する時、「歯車をかみ合わせる」のに極力
気をつかいます。
まず、「サビ」=「(練習番号C)」 など、言葉が 違う。

ポップスの場合、最初にテンポと和音を 把握、音を考え、楽器で 練習。
クラシックとは 全く逆の手順に なるので、慣れていないし、
時間も かかります。


音源なし・楽譜だけで練習していった曲は、「感じが、ちょっと違う」
そうで、「不思議な浮遊感」 が 魅力の 曲も あります。

やること多く、「背中に徳川家康」ですが 何とかなりそうで、少しだけ安心。

2010年1月21日(木)
都合良く チャランポランになれます……(本当は 違うけれど)

ピアノ協奏曲は 多人数のオーケストラと共演するので
「責任を果たす重圧」を ドーッと 感じます。
その上 「徹底して良い演奏」でリハーサルに臨まないと
オーケストラが のってこない怖さも あります。

最近、「重圧を 何割か脇に置く」 のに 慣れてきました。
準備が良ければ スムーズに運ぶのも わかってきました。

おかげさまで、先日のフランク:交響的変奏曲は、客席・
オーケストラ・ピアノの空気が ひとつに集まった名演奏と
なりました。


大変うれしいことで、演奏会を応援して頂いている
お茶のあいやさん はじめ 多くの方に感謝しています。

2010年1月19日(火)
「オーケストラの魔術師」ラヴェルの理想は、チョコあられ??
調律方法も変えられる ローザンタール著 ラヴェル 春秋社 あられチョコっと

 チェレスタ の音の出る電子楽器を 弾きました。 ローランド社製、
見かけは、持ち運べる バロック音楽用 パイプオルガン。

ヴァイオリンの宗川諭理夫さんの ご尽力で 使わせて頂きました。
 チェレスタの天国のような音は、ラヴェル 「ツィガーヌ」で 幻の20秒を
つくり出します。
(すぐ隣のトライアングルや鉄琴?と 溶け合わせる よう、気を付けました)

 「チョコレートで包まれた あられ」を食べました。最初 チョコ 風味で…
噛むと、しょう油味の あられ … 混ざると、結構 面白い味。

ロザンタール著ラヴェル その素顔と音楽論(Amazon)に よると
隠し味の音色を溶け合わせて、聴き手に錯覚を起こさせる のが 良い。
 例えば マ・メール・ロワ 1曲目 冒頭 」と、ラヴェルは 話していた。
(ローザンタールは オーケストラに 楽器を割り当てただけの 悪例 として
 なんと、「展覧会の絵」キエフの大門を 示している!)

Viki
2010年1月14日(木)
彫像の 気品に憧れて この名前 と 伺ったことがあります

 2月に 愛知県一色町で 共演させていただく Viki (ヴィキ) さんを
紹介します。
Vikiさんは、日本人女性のシンガーソングライターです。

独特のふわっとした ハスキーな声の持ち主なので、少年の恋の悩みを
歌っても、人生の感慨を 風景に託して 歌っても、しっくり きます。
恋や心象風景を 詠んだ「和歌」 の心根を、おだやかなポップスで
表現しているようにも、感じて います。

 バレンタインコンサートでは、大人の女性を感じさせて
心に沁み入る「愛の唄」をはじめ、いろいろな曲を お届する予定です。

 お近くの方、ぜひお出かけ下さい。 お待ちして おります。

夢藤哲彦ホームページ トップ
Copyright(c) 2010 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.