好きな 音楽映画 から、 「 さすが!」 と 感じさせる 素晴らしさに ついて 書いています。
ラブソングが できるまで Music and Lyricsラブソングが できるまで Music and Lyrics
 「 ラブソング が できるまで、がんばりました 」 という 物語。
でも、英語題名は、Music and Lyrics ( 音楽 と 歌詞 )。
歌詞を 味わって、「 ああ、なるほど! 」 と 納得 しながら、見ました。
 ( キーワードを 脚韻にしている ・ 物語を踏まえた 歌詞に なっている )
主役の俳優さん ( ヒュー・グラント ) は、本当に 歌って 踊って います。
ピアノの前に 座っている 姿も、違和感 なくって、ちょっと 不思議。
お気に入りは、クライマックス 〜 エンドロール。
見ている人を 喜ばせながら、クスッと 笑わせる…この さじ加減、見事です。
   ( 2013.4.17. )
ユー・ガット・メール You've Got Mailユー・ガット・メール You've Got Mail
 素姓の 明らかでない人と 会うのは 危険なので、 ファンタジー として
見てほしいのですが、極上の できばえの ロマンティック ・ コメディー。
 音楽面では…背景の オーケストラ曲も、歌入りのポピュラー ・ ソングも
聴かせ方が 見事!
「 音楽の始め方 」 が 曲ごとに 考えてあって、 ため息が 出ます。

 「 言葉の やりとり も バツグン!」 なので、字幕を 消して、英語で 見るのを、
おすすめします。( 最初の数回は 日本語吹き替え、次に 英語字幕ですが )
 よく観察していると、「 キーワード 」や 「 鍵に なっている曲の 断片 」が 発見できて、
 日本語で 見ているより、面白い。   ( 2011. 4. 8. )
ロシュフォールの恋人たち Les Demoiselles de Rochefortロシュフォールの恋人たち Les Demoiselles de Rochefort
 この映画の 「 双子姉妹の歌 」 は、20年前 サウンドトラック CDで
偶然 聴いて 以来の お気に入りです。 和音も メロディーも 作曲の基本を
応用しているだけなのに…心を つかまえられるような 磁力が あります。

 映画 「 ロシュフォールの恋人たち 」 は 見た目も 凄い!
格好いい踊りに、綺麗な色のファッション… いのちの輝き に 驚かされます。
( それに、 「 凝ったデザインの古いピアノ 」 が、さりげなく 置いてある! )

 気の散る字幕は 消した方が 楽しめるし、物語が 多少 不自然でも、気にしない。
 見て 聴いて、発見して、楽しませる … 究極の ミュージカル映画。  ( 2010. 11. 5. )

 「 音楽 お気に入り 」 映画 ( 「 今週の驚き 」 の 記事へ 飛びます )

スイング ・ ホテル
ホワイト ・ クリスマス 場面で しんみり
うっとりする バレンタイン ・ デー 場面

ニュー ・ シネマ ・ パラダイス
グッ と きて 呼吸できる 名旋律

めぐり逢えあたら その1  その2
「 スターダスト 」 ドラマに溶け込む

愛情物語 見て 聴いて 楽しませ、最後に ハンカチ

サウンド ・ オブ ・ ミュージック
レントラー の 拍子感 & 「 私の お気に入り 」 編曲

ショコラ  控え目 ・ 上等な音楽 & グノシェンヌ
イースター・パレード  Easter Paradeイースター・パレード Easter Parade
 画質や顔色が さえない上に、なじみのない行事の話 なので、見始めた頃
全然 ダメでした。 5回見た あたりで、目から ウロコが 落ちました!
 このDVDの 問題点は、日本語字幕
タイミングが 悪く、主役4人の 気持ちのぶつかりを 訳さないので、
物語後半が意味不明に … 電子辞書を 使って、英語字幕で 見ていました。
「 字幕なし 」 で 見ると、コントの ような セリフの 掛け合いに 大笑い。

 ジュディー・ガーランドは、素晴らしい。 かみあわない踊りでも
スターのオーラに 圧倒されます。
 ドジな子に 共感できて、「 切なさと ハッピー 」 の ツボに、はまって しまいました。
台本を 仕上げたのは、当時 若かった シドニー・シェルダン。

「 イースター・パレード 」 を 見ると、心が 軽くなり、機嫌が 良くなります。 (2010. 6. 16.)
若草の頃 Meet Me in St.Louis若草の頃 Meet Me in St.Louis
 とてつもなく!! 出来の良い ホームドラマ です。
色彩、遠近、光と影、背景音楽に、うっとり。建物、ドレスは、本格的。
繊細な 飾りの 古めかしい 写真アルバム?から、映像が 動き出します。
 にぎやかな 「 路面電車の歌 The Trolley Song 」 でも、泣けてきます。
アイデアも 技術も どんどん つぎこんだ 編曲が 見事。 歌の前半で
落胆の 表情を きわだたせた 映像も 良いです。
 別の場面では、「 ケークウォーク 」を 歌って 踊って います。
ドビュッシーの ケークウォーク の参考には ならないですが、楽しいです。

 この映画が 作られた 1944年は、戦争の 痛手が 大きかったはず。
誰も 死なず、家族の 幸せを、ひたすら 思いやる 映画を、当時の人は、
どのように 受け止めたでしょうか?    ( 2009. 7. 9. )
ベニイ・グッドマン物語 The Benny Goodman Storyベニイ・グッドマン物語 The Benny Goodman Story
 学生時代に 映画館で 見て、迫力ある 本物の 演奏に 酔いました。
 この映画、演奏場面が 細部まで 実に うまく 作って あります。
演奏旅行に 遅れて着いた グッドマンを メンバーが、全員 違う演技で
迎えます。 不機嫌で 試すような リーダー、視線の冷たい トランペット、
様子を 探る トロンボーン …… 演奏に入ると、全員が 違うタイミングで
違う 演技を します。

 主演女優のドナ・リードが、音楽に 動かされて( 曲より 微妙に 遅れて )
顔の演技を しているのに、シビレます。
 モーツアルトの場面で 短調や 長調へ変わると、目の表情が 変わります。
カーネギー・ホールでは、目が点になったまま 数秒…うつむいて2秒目を閉じ、口元 動かす…
ほほえんで、2回 ゆっくり うなづきます。

DVDは、「カットなし117分」で見た方が 断然良いです。日本語吹替は、すすめません。
  ( 2010. 1.10. )
素晴らしき哉、人生 It's A Wonderful Life素晴らしき哉、人生! It's A Wonderful Life
 音楽映画では ありませんが、「 ベニイ・グッドマン物語 」 の
ドナ・リード が、輝くばかりに 美しい!

 自殺しては いけない。 あなたの 生きてきた人生には 価値が ある、
という内容で、「蛍の光(Auld Lang Syne)」の「古い友人を 大切にする」
英語歌詞は、物語と ピッタリ 一致しています。   ( 2010. 9. 22. )
 
That's Entertainment Part2ザッツ・エンタテインメント PART2  That's Entertainment, Part2
 ライオンが ガオーと 吠える MGM映画から、音楽と踊りの名場面集。
初めて 接するものが ほとんど でしたが、フォッシーの意表をつく 踊りなど
驚きの連続でした。

 パート2では、フレッド・アステアと ジーン・ケリーが、案内役。
1+1を、3とか 5に したい と 思っている 夢藤 としては、相手を生かして、
簡単そうに踊る アステアは、理想の姿です。    ( 2009. 7. 9. )
絹の靴下 Silk Stockings絹の靴下 Silk Stockings
 「 若草の頃 」 と 「 絹の靴下 」 は、 「 ザッツ・エンタテインメント
PART2 」 で、見つけました。
 「 絹の靴下 」 では、シド・チャリシーの 表情や しぐさが
踊りながら 変わっていくところが、見どころ!

 疲れて 帰ってきた日は、ごきげんな 演奏と 喜びに 輝いている 踊りを
ありがたく 拝んでから …… バタンと 寝ます。
でも、脚線美の苦手な人には、勧められない 映画 かも。   ( 2009. 7. 9. )
バンド・ワゴン The Band Wagonバンド・ワゴン The Band Wagon
 ショー・ビジネスの 裏側を 描いた この映画、「 気が乗らないなあ 」
と 思いつつ、何回 見ても 飽きません。
 「 見せる、聴かせる、味わってもらう場合、お客さんの予想を、
『 良い方に 』 裏切る 」
模範例。 夜の公園で バレリーナと 踊る場面は、
精密な上に、息を のむほど エレガント。

ドタバタの末に、ドラマの サプライズも、用意されて います。
ハッピーエンドに ほほ笑みながらも、ほろ苦い …  ( 2009 .9. 22. )
陽のあたる教室 Mr Holland's Opus陽のあたる教室 Mr Holland's Opus
「 教師の役割は、知識と コンパスを 生徒に 持たせること 」 と、
 高校を引退する 校長先生が、愛用の 方位磁石 ( コンパス ) を、主人公の
音楽教師に プレゼントします。  方位磁石を 生徒に 持たせる、
「 生徒が 自ら 良い方向に 進んでいける 」 ように 先生が 奮闘します。

 脚本家が、教育予算 大幅削減案の ニュースを 運転中のラジオで聞いた
ことが、この映画を 作る 発端に なったそうです。   ( 2009. 7. 9. )
夢藤哲彦 トップ ページ  作曲家映画を 楽しむ
Copyright(c) 2013 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.