夢藤哲彦の 日々の活動 から、驚いたこと、発見したことを 書いて いきます。
2020年2月〜  トップ ページ

西尾フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会 シューマンピアノ協奏曲  <演奏会のお知らせ>
西尾フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会
シューマン:ピアノ協奏曲
2020年1月19日(日)午後2時 西尾市文化会館(愛知県)
 愛知県西尾市で活動する 市民オーケストラと
 愛情あふれるシューマンのピアノ協奏曲を
 演奏させて頂きます。 お近くの方、ぜひお出かけ下さい。

チラシをクリックすると 拡大して ご覧頂けます
やっぱり「協奏」曲でした 2019年1月25日(土)
西尾フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会
西尾フィルとのシューマンのピアノ協奏曲、
おかげさまで とても盛会となりました。
予想を上回る人数の お客様に来て頂き、
プログラム配布数が ギリギリだったそうです。
弾いてみて思ったことは、

前かがみ、やっぱり おすすめできない
お腹の前や 鍵盤全域を 駆け回るので、
胴体立てて 頭を立てた姿勢が ピアノ演奏に向いている。
たとえば ルービンシュタイン Rubinstein の姿勢。

うまく合えば、相手も嬉しい
シューマンのピアノ協奏曲を たとえると、夫婦漫才
オーケストラと対話しながら盛り上がるし、何気ない相づちに 味がある。
第3楽章は 合奏が複雑。

表現力は、キャラクター(音質変化)と メロディーライン組み立て(強弱変化)
テクニックは、指上下と 手腕の動き、2種類の組み合わせ
(腕を棒のように固める 一辺倒で 弾くのを
 子供時代に やらないでほしいと 私は 思ってます)

フォーカスしないで 弾く
こだわらないで 本番を弾くのは、大事なことですね。
仕上げが 十分なら、そこそこ自然に弾けるのが わかりました。

今回のコンサートでも、多くの方の お力添えを 頂きました。 ありがとうございました。
シューマン協奏曲 初練習 2020年1月7日(火)

愛知県西尾市の市民オーケストラ、西尾フィルとの
ピアノ協奏曲 1回目の合わせ練習を しました。

オーケストラは、仕上がっていました。 ありがたいことです。
多くの方の お力を 頂いたおかげだと 思います。
演奏会が楽しみです。 お近くの方、ぜひ、お出かけ下さい。

リハーサルでは 「小節の数字」が書いてあるピアノ譜を持っていくと 役立ちます。

合奏のタイミングを たとえるなら、パンツのゴム
ゆるければ、ずり下がる。 きつければ、腹に 食い込む。
ピアノをせわしなく弾いた部分、若干 修正しようと思っています。
本番直前のレッスン  2020年1月4日(土)

試験や発表会直前のレッスン どう教える? 私は
「新しいことは しない」
・新しく詰め込んでも、消化するのに 日にちが かかる。
・教え込んでない部分で、ポカが 起きやすい。
・「手堅く」に偏ったレッスンで 上書きすると、音楽の消えた演奏になる。

レッスンでは
1)「間違えずに弾く」方法を その場でやって 確認させる
 分かれ道対策  跳ぶ音・目で狙っておく
 ペダルなしで指の動き確認 など うっかり部分を補強

2)「バランス良い状態」に 生徒を 持っていく
 「右手を歌わせて」でも、右手10割 集中したら ダメ。
 右手6割、左手4割のイメージで。

3)「こだわらない」
 「過剰に」良い演奏をしようと 意気込むのは、
 バランス良い状態より、少々 はみ出る。
 間違えずに弾けるよう、気をつけるけど、
 いつもの延長で 弾ければ、OK。

本番用の練習をして 問題点を修正する
 条件を変える…人に聴いてもらう・ふだんと違うピアノで弾く・録音録画
 本番に似せる…袖 靴 髪を本番と同じで・本番の時間帯で・いきなり通す
           お辞儀 座る 手を置く
故障を防ぐ  2019年12月27日(金)

1)ベートーヴェンの最後の和音のように 体から弾く時
  「下げたら 上げる」「下げた反動で 上げる」。
  全力で 下げ続けるのは、前腕や手首を 痛める。

2)長く延ばす音(長く押し続ける音)では、弾いた直後に
  鍵盤上がってこない程度の「軽い押さえ方」に 切り替える。
  たとえると  ァ〜

3)少し上から弾く場合でも、鍵盤上に ジャストで 当てる。
  ちからまかせに 鍵盤の角に当てると、指先を 痛めます。
語調のある歌 2019年12月21日(土)

ピアノソロ曲の参考にしよう と思って、
大作曲家の歌曲を 時々 聴いてきました。
Anton Dermota外国語特有のメリハリ・抑揚・前に進むエネルギーを
感じさせて、しかも 表情豊かな演奏
が 自分の好み。

最近聴いているのが、ウィーンのテノール歌手
アントン・デルモータの シューマン:「詩人の恋」(Amazon)
「老いた オペラ歌手の ニュアンス豊かな歌」なんですが、
歌っているメロディーに、小山・中山・大山が あって
言葉のアクセントが 聴きとりやすいです。
(ブラームス:セレナード  われらは さまよった You Tube)

デルモータの奥さん?のピアノ伴奏は、普通と ちょっと違う。
でも、音色の選択、キャラクターの出し方、アクセントの付け方が
「なるほど〜」です。
「奥さんが伴奏すると 説明できないけど 緩急が合ってる」
時々 そういう演奏に 出くわします。 家内工業 でしょうか。
2019年12月15日(日)
前かがみで弾いて いいことは 何もない


自分の経験から 強く思います。 理由は、
・ お腹の前の鍵盤が 弾きづらい
・ 楽譜を見ながら 弾けない
・ 首、肩が 疲れやすい
・ 音色(動作)の変化が とても少ない
・ 音を 客観的に聴けない


おすすめの姿勢は、
1)胴体を立てる、頭を立てる(頭は尻の上、ひざの上では ない!)
2)肩の後ろをリラックス
  呼吸、楽に吐きながら
3)指上下、腕使って、体の重み利用してを 組み合わせる
  指先敏感…鍵盤の 底より わずか前に 入っていく
  「最後の一押し」が イメージできる
4)耳を 水平に 使う
  楽譜の「横」を 作りながら 弾く


「伴奏者 右の おてては へその前」…まあ、伴奏に限らず
おすすめ1)2)は、やってみる価値大です。

体の重みをかける時、前かがみになりますが、「基本の姿勢を どう保つか」
伴奏だと、楽譜を見ているので、頭を立てて そこそこ良い姿勢。
でも ソロだと、頭が だんだん 前方に せり出してきます。
他人に左右されないソロで、姿勢悪くなっちゃうところが、面白いです。
2009年10月  2010年1月  4月  6月  8月  11月

2011年1月  4月  7月  10月  2012年1月  4月  7月  10月

2013年1月 3月 7月 9月 11月  2014年1月  3月 5月 8月 10月

2015年1月 3月 5月 7月 10月  2016年1月  4月  7月  10月

2017年1月 2月 5月 7月 11月  2018年1月  3月 5月 8月 11月

2019年1月  4月  7月  10月  2020年2月 
Copyright(c) 2020 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.