編曲作品 弾いてみました
宝石のワルツ  ちいさい秋みつけた  夏の思い出

白鳥  四羽の白鳥の踊り  その他の曲目・目次
ドホナーニ:宝石のワルツ夢藤の演奏動画 You Tube)

ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「ジプシー男爵」より
3拍子の曲などを選んで、ドホナーニが独自に編曲したもの。

1)「歌ありのワルツ」が原曲
ドイツ語歌詞を歌ってみると、歌い方のタイミング…
「韻を踏んだ単語まで 突き進む」「誇張して伸ばす音」が
分かる箇所もある 。

2)「嵐の中の小舟」「テニスの試合を見る観客の顔」よりも
上半身「揺れまくって」、手を移動させたら 効率が悪い。
「背中伸ばして」「胴体を立てて(鍵盤から離れる)」
「上半身・頭・目の場所を 固定して」

「動かないで」手の跳躍!!

3)日にちを かける その曲特有の動作に慣れる・難所の練習方法が わかる
右手4割 左手6割 意識すると 上手くいく箇所あり
似ているところが 区別して弾ける
テンポを決めて 通して 練習
際限なく加速しないよう 「階段の踊り場」作って スピード取り直す
 「ちいさい秋みつけた」中田喜直編曲夢藤の演奏 You Tube)
「夏の思い出」中田喜直編曲夢藤の演奏 You Tube)

日本の歌「夏の思い出」を、作曲者が ピアノソロに 編曲したもの。
中田喜直の考えで、難しすぎなく、親しみやすい編曲と なっている。
楽譜は アット・エリーゼで ダウンロード購入できます。(音楽出版ハピーエコー)

お客さんに 好まれるけれど、手の移動が 複雑。
初級中級の人だと 手こずると 思う。

<ピアノ演奏のポイント 再確認>
・白鍵の奥、細いところ→ 指は 真下に 入れる!
・移動する時は 楕円形
「白鳥」 ゴドフスキー編曲 (夢藤の演奏 You Tube)

チェロの名曲 サン=サーンス:「白鳥」の編曲。
ピアノが とてつもなく 美しく響く。

「弾けるかな?」 と 不安に思うけれど
手の動く 「道」が つかめると マスターしやすい。
(「ペダルなし」で 弾いて、両手の動きを 確認)

<ピアノ演奏のポイントを 確認>
手の重さの コントロール!
・ 弾く瞬間の「手をのせる」 「指の上下」 を 区別する
・「切って」「パッと」 横移動 (手を重くして 「くぐる」のは 無理)


「四羽の白鳥の踊り」ワイルド編曲夢藤の演奏 You Tube)

チャイコフスキーの「白鳥の湖」から「四羽の白鳥の踊り」の編曲。
手品のように鮮やかなので、お客さんに とっても 喜ばれる。
反復音、跳躍、暗譜の対策が必要。

<ピアノ演奏のポイントを確認>
・反復音…指先を曲げる!! 指を伸ばしたら ×
       ある高さに 手を浮かべる&瞬間 横移動

・跳躍の連続…オクターブ4つ分の場所を イメージ
          1オクターブずつ 探すのは ×
     
その他の編曲 主よ 人の望みの喜びよ  愛の夢 声楽曲  愛の夢 ミスプリント

 献呈  花のワルツ  くるみ割り行進曲 プレトニョフ  サマータイム ファジル・サイ

 シュトラウスのワルツ  ゴールデン・スランバー 武満徹

 からたちの花  赤とんぼ  日本の歌 編曲

夢藤哲彦 トップ ページ  作曲家別 ピアノソロ曲の話題
Copyright(c) 2019 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.