ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番の 演奏法を 書いています。
2.オーケストラのタイミングで 弾ける
1)弦、管楽器の 「伸び気味 フレージング」 を 想定して 練習!
 ピアノは音がのびない楽器!
 ピアニストは 音を詰めて 先に進むのが 習慣。
したがって、
・(数えないで)ゆったりした動きを キープして弾くのが 苦手
・のばしたり、ふくらめたりの ニュアンスを つけて弾くのが 苦手
・メロディーの形を 「線」や「面」にして 弾くのが 苦手

 特に第2楽章の主題(練習番号17〜)は、ピアニストにとってタイミングが 取りづらい。
1)2楽章冒頭5〜12小節のような音形は、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 音符1でゆっくり舞っているような
 動きを感じて。
 練習番号19 5−8小節は、リズムの支えが ないので、この揺れ方で練習。
2)練習番号17の2−3小節目など 4拍めに強弱ニュアンス < > が ついている。
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 音符24拍めを大切に持ち上げ、ゆっくり落下するような たたずまい。
3)練習番号27 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 音符3の揺れを 作る。
 2、4、6…小節後半でヴァイオリンが多人数の塊で歌う。 たっぷり歌う「揺れ」に なる。

2)打楽器、金管楽器のタイミングには、逆らえない
 妥協してオーケストラのタイミングで弾く
彼らは 遠くで弾いているので、ピアニスト側が 合わせる。
第1楽章・練習番号10 Maestoso 細かい音のラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 音符4 詰めないで。茶屋克彦 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 第3楽章・練習番号39
カデンツァ後に息を吸って … ティンパニがバチを 振り下ろすのを 少し見ながら
同じ呼吸で一緒に弾く。(写真は この個所を 打ち終わった瞬間の ティンパニ)

迫力のある音がとどろく! 打楽器が音楽を 仕切っている!
左下の黒い部分がピアノのふたの端なので、ピアノとは かなり離れている。

3)分離して、練習しておく
「いもづる」式に だらだら つながってるのは、致命的に 良くない。
・「入りにくい所」 や 「入る前」 の 目印を くっきり 弾く
第1楽章・練習番号6 Un poco più mosso アルペジオの目印 ファと ♭ラ
第2楽章・練習番号23 2小節目の1拍め
前の小節から分離してアクセントをつける。
(練習番号24・1小節の1拍め、第3楽章・練習番号39・2小節前の1拍めも同じ)

文章の切れ目には、音符 約1個分 幅を 空ける
(第2楽章・練習番号20・1小節め、練習番号21・9小節め) (2009.9.18)
 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 1.フレージングを作る  3.タッチコントロール

 関連記事 パソコン・オーケストラと ラフマニノフ協奏曲を 練習

 夢藤哲彦ホームページ  ピアノ協奏曲演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次
 Copyright(c) 2014 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.