ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を、オーケストラと共演する際のポイントを 書いています。

3.協奏曲のタッチ・コントロール
1)「歌う」音色も大きな音で出す

 腕を使って「のせる」「圧す」「ゆっくり落下」のような動作が、歌う音色に適している。
大きな音を出そうとして、金縛りになってりきんでしまいがちだが、肩・ひじをリラックスさせて弾く。

2)メロディーは弱くなっても、メゾフォルテ止まりで
 メロディーは、ふだんのピアノ独奏より1段階は強くする。特にオーケストラが長い音で伴奏している
時に埋もれる危険があるので、気をつける。(ラフマニノフピアノ協奏曲第2番 第1楽章・練習番号12)
メロディーを弱める表現をする時でも、メゾフォルテ止まりにして、ホールのすみまで届く弱音にする。
(第1楽章・練習番号5、6、15の9小節目)

3)ウナ・コルダでも、くっきりタッチ
 雰囲気を変えるために左ペダルを使っても、くっきりしたタッチが基本だ。
(第3楽章・練習番号28の前の8小節間、練習番号32の1小節半前から32、練習番号34の前の14小節分)

4.オーケストラにお願いすること
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 オーケストラ編成
たとえようもなく重厚なサウンドであって、
同時にピアノとバランスを取るのは難しい。
夢藤がラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を
2004年に演奏した時の弦楽器編成は、
ヴァイオリン12−10、ヴィオラ9、
チェロ10、コントラバス6 だった。
1)第1楽章・練習番号1−2では、弦楽器がピアノを押しつぶしてしまう。
弦楽器奏者が個々に思いっきり濃く弾いている音を、少しだけ薄くしてもらい、
弦とピアノの共同作業にする。
音の渦のまん中に指揮者が立つので、初回リハーサルで、どの指揮者も困惑するようだ。

2)第1楽章・練習番号14の9小節以後、ピアノのメロディーを追いかけてもらうように、チェロに頼む。
3)第3楽章・練習番号29を、練習番号28と同じように、すぐ弱くするやり方に変えてもらう。
4)第3楽章・練習番号34から8小節前、フルートの「♭ラ、ソ、♭ラ、ソ」で音をくっきり立たせる。
5.ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 特有の問題点
1)臨時記号の見落とし
 同じ小節に臨時記号の♯や♭が再び出てきた場合、ラフマニノフは♯♭をあらためて指示しない。
「見た目」でうろ覚えすると必ず間違えるので、小節後半の臨時記号を念のため書いておくとよい。
特に次の場所 第1楽章・練習番号8−9、第2楽章・練習番号20−21、第3楽章・練習番号30

2)指番号を考えるのにも時間をかける。
パッセージに合った指使いを見つけると、ラフマニノフは驚くほどスムーズに弾ける。
左手5・1の後に5を使うやり方にも慣れること。
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 指番号1
 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 指番号2
3)楽譜の変更
 届かない和音、実際のスピードで弾くのが無理な和音は、音を削って構わないと思う。

4)暗譜の盲点
 意識しないで弾いていると、第3楽章・練習番号28と29の各6小節目が混ざる。
(28は同じパターン、29はパターンが高くなる)
まとまりの始まりを弾きながら、条件反射で問題部分のイメージを思い浮かべる。
第3楽章・練習番号30と36のMeno mossoも区別すること。(30では、右手を♭ミに上げる)

5)突然ピアノだけになったら、気を落ち着けて!
 第2楽章・練習番号23冒頭、25、第3楽章・練習番号33の前など、突然ピアノだけになった時に
パッセージをしくじりやすい。浮足立って、すっ飛ばして、弾いてしまうからだ。
問題個所の前で息を吸う / 気を落ち着けて / 手の移動を確認 /
各音ずつ指を動かす・各音のイメージ作る /
で練習しておこう。(2009.9.18)
指揮・田中瑞穂 ピアノ・夢藤哲彦 ピアノ協奏曲演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次

 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 関連記事
 フレージングを作る  オーケストラのタイミングで弾ける

 パソコン・オーケストラで ラフマニノフ練習
 Copyright(c) 2014 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.