遥か昔の ピアニスト・目次
19世紀生まれの ピアニスト達…名演奏の味を 紹介しています。
音楽を出す ヒントに なれば
紹介記事を ご覧頂けます
ショパン の アルペジオ 低音に 続けて 弾く

フリードベルク 昔ながらの フレージング重視 & 人の心が 聴こえる

フロイント ブラームスの メロディーを 表情豊かに弾く 女神

グリュンフェルト ピアノで ウィンナ・ワルツ

クライスラー ヴァイオリンの神様 が ピアノを 弾いたら

バルトーク 作曲家の自作自演 「ミクロコスモス」、調が わかりやすく 聴こえる

シュトラウスのワルツ レヴィーン、ラフマニノフ、ニーディールスキーなどの名人芸
Carl Friedberg カール・フリードベルク  Etelka Freund エテルカ・フロイント  alfred grunfeld アルフレート・グリュンフェルト  フリッツ・クライスラー Fritz Kreisler ベラ・バルトーク アルトゥール・シュナーベル Artur Schnabel
You Tube で お聴き頂けます
ブラームス:スケルツォ(フリードベルク)  間奏曲 117の2(フロイント)

ショパン:ノクターン 9の2(ザウアー  ローゼンタール  パハマン

ドヴォルザーク:ユーモレスク(クライスラー ピアノ独奏&ヴァイオリン)

グリュンフェルト:ウィーンの夜会 「こうもり」のワルツによる演奏会用パラフレーズ

シューマン:ノヴェレッテ 4(フリードベルク)

バルトーク:ブルガリア・リズムによる6つの舞曲(バルトーク)
夢藤哲彦 トップページ  作曲家別 ピアノソロ曲の話題
Copyright(c) 2014 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.