スコアを使って ピアノ協奏曲を 予習する

バランス良く3種類の勉強

        

 ピアノ独奏曲だと、「CDを聴いて、ひたすら練習する」だけかも。
しかし、ピアノ協奏曲は、オーケストラを パートナーにして 踊る ようなもの。

スコア(各楽器の動き)を理解、 「舞台上の効果・空間のイメージを描いていく」

慣れてくると、「オーケストラが、こういう風に 困るだろう 」 と 予知できる。
協奏曲全部に共通する解説曲別の目次 も 参考にして下さい)
1)スコアの音 (劇なら セリフ) を 覚える
読む、または、ピアノで音を確かめながら、
・メインの要素から ・旋律と低音のみから ・弦楽器から 取りかかる
例えば、第1ヴァイオリンとチェロ・コントラバス(コントラバスは記譜より1オクターブ低く弾く)
→弦楽器全部→管の主旋律とファゴット・チェロ・コントラバス…

その後、ピアノ独奏と 組み合わせて、覚える

2)役割を見つけて 形に (劇なら 演技を 作っていく)

・音量のバランス 主役?脇役なのか? 多人数の相手?少人数の相手なのか?
      合いの手や受け渡し?

・タイミング、リズム、フレージングは 誰が 仕切るのか?
 自分勝手な緩急をつけてはいけない。 奔放にずれて遊んだ方が良い場合もある。
 オーケストラの テンポで弾く時は、拍子のまん中で弾くし、セパレートする場所 見つける。
 合奏のツボ、目印 … 落ち着いて 明瞭に 弾く。  

・オーケストラと一体となった全体像をイメージして作っていく
楽器の合わさった一体感
ラフマニノフ第2番 第3楽章 第2主題(練習番号31、37) 有名な名旋律
 楽器の支えがだんだん増えていく、旋律は 「うたう」「通る」 音色。
 ピアニストは (オペラ歌手のように) 緩急を つける (黒い音符で先に進む)
 クライマックスでは、拍子の段取りより オーケストラのcresc. 優先 (3・4拍め のびる)
構成していく一体感
ラフマニノフ第2番第1楽章展開部
 さすが、ラフマニノフ! 3つの素材を 組み合わせて、大河の流れにしている。

 練習番号8 ヴァイオリン第1主題の相手として 弾く。
 左手のstacc 突出しやすいが隠し味。
 Più vivoでは、前の部分 第1テーマの歌心を 受け継いで、練習番号9に渡す。

 練習番号9の9小節目から、オーケストラは全開で、強くなる。
 書いてある通りの 強弱 依頼する。 (このあたりから先になると、ピアニスト本人、
 何弾いているんだか 聴こえなくなる) (2009.10.6)


ピアノ協奏曲スコア…小さい方を選ぶか?大きい方を選ぶか?  第2ピアノ(オーケストラ部分)の演奏法

 夢藤哲彦ホームページ トップ  ピアノ協奏曲演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次
Copyright(c) 2009 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.