ピアノ協奏曲スコアの 「選び方」を 書いています。
小さい方を選ぶか? 大きい方を選ぶか?

 オーケストラ全部のパートが詳しく載っている楽譜が、「スコア」。
ピアノ協奏曲に取り組む時に、どれを選んだらよいだろうか? どんな使い方をする?
スコアの種類
左から 音楽之友社 オイレンブルク社 全音楽譜1)ミニチュア・スコア

・A4サイズの半分なので、持ち運びやすい。
・音符は小さく細かいので、眺めて確認するためのもの。
・ピアノの譜面台に置いて弾くには、向いていない。

まん中 日本楽譜 右 Warner Brothers2)少し大きめのミニチュア・スコア
・オーケストラ部分が 複雑で大規模な曲の場合
 楽器の種類が多い。 その分だけ大きくなる。
 音符が細かく密集している。

まん中と右が ドーヴァー社3)大型スコア (Dover社 アメリカ)
・価格が きわめて安く、丈夫な製本。
・協奏曲1〜2曲収録の場合、充分に使いやすい。
 ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集 ともなると、
 重くて、持ち運びは 大変。
・オーケストラ部分をピアノで弾いてみるのに適している。

ベートーヴェンの重みは、計り知れない。我が家の秤では計測不可能だった・19世紀の出版楽譜(権威ある作曲家全集)の再版なので
 小節番号がない。 練習番号アルファベットが 載っていても、
 指揮者やオーケストラと、ずれている場合 多い。
 (夢藤は、小節数字で行うのか、アルファベットで行うのか、
  リハーサル直前に、コンサートマスターに 確かめている)
・Dover社 モーツァルトのピアノ協奏曲20番には、
 19世紀風のスラーが小節線をまたいでいて、腰を抜かした。

4)その他の大型スコア
・指揮者が使うための大型スコアが海外老舗出版社などから出ている。 かなり高価。
・価格を抑えた大型スコアも、最近見かけるようになってきた。

小さい方を選ぶか?大きい方を選ぶか?
 夢藤の場合、ミニチュア・スコアだけで 用が 足りている。
最近は、ピアノで 音を出さなくても、何とか様子が わかるように なってきたから。
 大型スコアでも、「手の届く価格」「薄くて、小節番号あり、内容が新しい」 なら
ミニチュア・スコアを 差し置いて、大型を 選ぶだろう。
開け、ゴマ!使いやすいスコアの条件は、「ひらきやすい」「めくりやすい」
普通の文庫本と違って、楽譜で大切なのは、
ページ全体を見渡せるか? 一瞬で めくることができるか?
写真上 … 接着剤で 全ページ固めてある。
       背表紙は 金属並みに 固い!
写真下 … 紙が厚め 平らに開ける 「糸とじ」スコアの方が 安心。
       (2009.10.6)

スコアを使って ピアノ協奏曲を 予習する  ピアノ協奏曲・第2ピアノ(オーケストラ部分)の 演奏法

 夢藤哲彦 ホームページ  ピアノ協奏曲演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次
Copyright(c) 2009 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.