サン=サーンス 序奏とロンド・カプリッチオーソ 伴奏のコツ
日本人には、つかみにくい!

1.スペイン風のリズム
サン=サーンス 「序奏とロンド・カプリッチオーソ」は、スペイン出身のヴァイオリン奏者
サラサーテが 演奏する予定で 作られた曲。
サラサーテの曲に出てくるような スペイン風リズムが、あちこちに 使われている。

サラサーテの作品、スペインの踊りを 聴いてみると、ヒントが得られる。
 サラサーテ演奏 (You Tube) サパテアード タランテラ

 キロガ演奏 (You Yube) ホタ・ナヴァラ アンダルシアのロマンス タランテラ

日本人とは拍子の感覚が違う。例えば、
拍子は よろめかず、厳格に
(日本人は油断すると だんだん遅くなるが、「鍵かけたように」 同じ速さ キープ)

足音、手拍子などのきめどころは、くっきりきめる
(おしとやか、遠慮がちは 美徳ではない!)

拍子と アクセントは 別物
(6拍子で進んでいく途中、3拍めにアクセント! できない人 本当に多い)

「スペインの踊りやリズム」 … フラメンコを思い浮かべるかも。
上に書いた サラサーテの「スペイン舞曲」は、フラメンコと違って
庶民の素朴な踊り、といった音楽。
ステップが全然違っても、スペインの「リズムの好み・傾向」に
共通する面が 多く、「素材を選べば」 参考に なる。
(写真のフラメンコは、映画「ジプシー・キャラヴァン」絵はがき)

2.小節線をはさむフレーズに慣れる
日本語の発音や歌は、1拍目から始まるので、外国曲に、その癖が 出てしまう。
フランス語は、歌になると 小節線を はさんでいる場合 多い。
フランス語の歌に親しんでみよう。 
その後、サン=サーンスに 戻ってくると、小節線 はさむ フレーズに 納得できるはず。
  サン=サーンス 「序奏とロンド・カプリッチオーソ」 は …
  「日本語 感覚 と 半小節ずれている」 曲 なんです!

3.オーケストラの ピアノ譜は 「意訳」 する
オーケストラを、ピアノで 弾く場合、弾きやすく、オーケストラの味を出せる ように 修正。
サン=サーンスの「序奏とロンド・カプリッチオーソ」でも、
151小節の連打和音をと分散させたり、
127小節から、右手オクターブは全部弾いて、左手は も出来る。

オーケストラ曲をピアノで弾く技術として、オクターブ下を追加して 厚みを出したり、
弾きづらいほど、オーケストラの音がある場合、臨機応変に省略する。 (2009.7.11)
夢藤哲彦 ホームページ  伴奏者の仕事部屋
Copyright(c) 2009 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.