オーケストラと共演した経験を踏まえて、演奏法やヒントを書いています
ショパン アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 演奏法
「スピアナート」…装飾のない、高貴な歌唱表現
1)「高貴なメロディーライン」…おすすめは ベッリーニの オペラ・アリア
 「夢遊病の女( La sonnambula )」
   Prendi, l'anel ti dono   Ah! non credea mirarti
 「清教徒( I puritani )」 A te, o cara, amor talora

2)ついでに、スピアナートの逆 「装飾の多いオペラ・アリア」 …
  おすすめは、ロッシーニの オペラ・アリア

 「セビリアの理髪師( Il barbiere di Seviglia )」
   Una voce poco fa     Ecco ridente in cielo 後半
 「チェネレントラ( La Cenerentola )」 Nacqui all'affano e al pianto......Non piu mesta

3)「アンダンテ・スピアナート」の スタイルや 美学
 ショパンの響き(Amazon)(ジャン=ジャック・エーゲルディンゲル著 音楽之友社)
 110〜111頁、335〜336頁、 専門家向けに 述べられている。
 「華麗なる大ポロネーズ」 は、エンターテインメント 路線で
オーケストラと 共演した時は、独奏部分を 「きまじめに」「センス良く」 弾こう、
オーケストラの拍子感にも 合わせよう … いくらか 一人相撲だったかも。
「一緒に遊んで 面白い人」 が 無茶するように、弾いても、良かった…
  アンダンテ・スピアナート オーケストラ 画像      アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 管弦楽 画像
アンダンテ・スピアナート」を 弾く 4分半の間 … オーケストラは全員
静かに 「固まって」 待っている (写真左)。
突如、華やかなポロネーズ序奏を、はりきって弾くが (写真右)、
ピアノと重複した伴奏が、多い。 オーケストラとしては、不完全燃焼な曲。
ピアノ独奏で 弾かれるのが 圧倒的に 多いのも、納得。
1.右手の表現をつくる
定規の目盛りのように、均等で 正確に 弾くのが、究極の目標だろうか?
ポロネーズ 33〜、55〜、77〜、85〜 など、あそび心で、音形を生かした表現 必要。
ピアニスト側で 余裕を 持たないと … 単調で、「速く弾かなきゃ」 一辺倒になる。

ヴァイオリン曲の 「華麗なるポロネーズ 第1番」(ウィエニャフスキ作曲)を
ヴァイオリン奏者は、楽譜上の均等を どのように誇張しているだろうか?
2.オーケストラが仕切るところはオケに合わせる
・独奏版とは 勝手が 違う
77、225、241、245 管楽器全員+全員合奏では、
「ブンッ」と圧力のある1拍めの音と合わせる。
 (225、245、273小節 1拍めを セパレートして 練習)

273〜遠くに座っている管楽器がリズムを刻む。 その線で 弾いていく。
直前271〜272を 受け継いだテンポで、管楽器が始める。
途中でテンポは変えられない。

277〜弦楽器の弓使いのタイミングになる。
がまんできなくて、あわてがち。 拍のまん中を予想して一緒に弾く。
 (279の前に 空白ができるかも しれない)

・遠くに 座っている人も 「のせて」 いく
24〜25、62〜63、88〜89
急発進では、ついてこれないので、アウフタクトを エネルギッシュに 
42、44、46 左手1拍目 わかるように 落ち着いて 弾く。(あわてて素通りしない)
3.左手で ポロネーズの リズムを つくる
 
4.ピアノは、女王様! オーケストラが 気をきかせて 合わせていく
ピアノは女王様オーラを発散。 芸の説得力で オーケストラを リード。
もちろん、明るく 礼儀正しく フレンドリーに ふるまう。
オーケストラは、楽しく 共演できる雰囲気を 好むし、リハーサルで笑わせた方が
良い演奏をする。 ミルスタインのエピソード  (2015.4.7.)
夢藤哲彦 ホームページ  ピアノ協奏曲 演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次
Copyright(c) 2015 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.