ピアニストが 語った本・書いた本
ピアニストが語った本、書いた本の「心に残った言葉」

スレンチェンスカ  メナヘム・プレスラー
ルース・スレンチャンスカ 平凡社スレンチェンスカ「音楽を 客席に 届ける」

(オーケストラとの長期の演奏旅行中に気付きました)
舞台を越えて その向こうに座る聴衆とコミュニケート
するのは、ほんとうに難しい。なかなか届かない。
手始めに ピアノを弾く私から顔の見える人…
オーケストラの第1チェロに向かって、音を届けてみました。
そうしていると、ある晩、第1チェロが 私のところへ来て
「ありがとう。今日は あなたの演奏を実に楽しみましたよ。
 あなたが 私に話しかけるように弾いてくれたから。」

客席1列目の人に向かって弾き…3列目の人に弾き…
舞台の向こうの人に、音を送り届けようと 努めました。
そうやって演奏旅行中、毎日 同じ試みを繰り返していた ある日、
縁もゆかりもない小さな町でスタンディング・オベーションを
受けたんです。


この方法は、毎日のように演奏する場合の やり方で、
いきなり本番で やったら ちょっと危険。 でも、仕上げ始めの段階で
「こういう音楽を味わってもらおう」と 練習するのは よいですね。

スレンチェンスカは、アメリカ生まれ。 天才少女として大活躍するが
15歳で挫折。「人生を 少しずつ立て直す」様子を 語っています。
最新刊で 30分で読める薄い本ですが、かみしめる言葉の数々、心に残ります。
ルース・スレンチェンスカ 94歳のピアニスト 一音で語りかける 平凡社 Amazon
メナヘム・プレスラーのピアノ・レッスン Menahem Presslerメナヘム・プレスラーの ピアノ・レッスン

あなたが しなければならないのは、
ベートーヴェンの求めていることが 感じられるまでに
自分の感性を鋭敏にすることです。

しばしば起こる間違いは、曲を弾いていると、
弾くことで感情が得られると考えてしまうことでしょう。
それは、単に音符を読み、それを再現しているだけです。
その曲を消化も していなければ、内面化も できていないのです。


プレスラーに師事した人が、レッスンの記録や人生など まとめた本。
読む文章もあるけれど、レッスンで教えたコメントが 中心になっている。
「小節数とコメント」を見ても、一般人には チンプンカンプンでしょう。

でも、上級のコンサート曲を 「どう弾くか」 わかって、役立ちます。
今どき珍しい 「オーソドックスな感覚」に 包まれました。
(右手左手の配分を変えるのが ちょっと 多いかな…)

プレスラーは、1923年ドイツ生まれ。 95歳。
ボザール・トリオで世界的に活躍。アメリカのインディアナ大学で教える。

メナヘム・プレスラーのピアノ・レッスン 音楽之友社 Amazon
夢藤哲彦 トップ ページ
Copyright(c) 2019 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.