オーケストラと共演した経験から、ピアノ協奏曲の 練習法と ヒントを 書いています。
モーツァルト ピアノ協奏曲9番KV271 ジュノーム
練習は 「急がば回れ!」
僕の曲を なめてもらっちゃあ 困るんだなあ1.「ジュノーム」は、油断できない 怖い曲
楽想の順番・高さ・パターンが 楽章前半後半で変えてある。
うろ覚えで弾いていると、探したり、止まったりするだろう。
黒鍵が多いので、かなり 弾きにくい。
 「モーツァルトだから、子供向き」「音が少ないから、小学生でも弾ける」
という先入観は、「ジュノーム」に 通じないと 思う。
 大人の知恵と 高度なテクニックを 駆使する ピアノ協奏曲である。
2.はじめに 指番号を決める ・ 最初の一か月で 暗譜
1.(楽譜に目を通したら) 指番号を考え、装飾も大体の線を決める。
2.(一週間後) 楽章の前半・後半を比べ、似ているところの「違い」を見つける。
  「部分の始め」と「数小節前」で、ポイントの音を思い浮かべる「癖」をつける。
3.「弾かないで、ゆっくり思い浮かべる」 と 「ゆっくり弾いてみる」
  思い浮かべるのは、a)両手分の階名 b)指と手の動き c)似ている所の「違い」
4.電車で移動中に、思い浮かべる。 空白部分は、帰宅後確認。
ゆっくり思い浮かべ、ゆっくり弾くのに 1か月かかる … ようやくおぼえられた。
3.参考音源で感性を磨く
モーツァルトのオペラから、同じテンポ感の曲を、選ぶ。
毎日聴いたり、一緒に弾いたり、歌ったりすると、とても役に立つ。
カタログの歌 影絵ピアノ協奏曲 第9番 「ジュノーム」 の参考曲として、
第1楽章 4拍子±136
   イドメネオ序曲 オケの厚み・フォルテとピアノの対比
   後宮11番 Martern aller Arten 典型的な4拍子アレグロ
第2楽章 3拍子41
   同じテンポ感の曲は見つけられなかった。
   後宮と魔笛の 哀感あふれるソプラノアリア…旋律・和声感。
 第3楽章 2拍子144  後宮序曲  プレストの進み方
        3拍子74   ドン・ジョヴァンニ 「カタログの歌」後半
        ドン・ジョヴァンニ 第1幕フィナーレにメヌエットあり
参考音源の作り方
1.ピアノ協奏曲の拍子、大体のテンポをメモ。
2.モーツァルトのオペラCDの 各曲冒頭を出して、テンポ・性格の 似ている曲を 探す。
  楽譜を借りてきたり、オペラ紹介、名曲テーマ事典のコピーを使えば、作業が楽。
  調べるのは、「後宮からの逃走」 「フィガロの結婚」 「ドン・ジョヴァンニ」
  「コシ・ファン・トゥッテ」 「魔笛」。
  今までの経験では、「後宮」が 予想外に役立ち、「フィガロの結婚」は 参考曲 少ない。
3.音声をパソコンに入れる。 楽章順に並べて、i Pod、ウォークマン、CD-R に入れる。
  通学・食事・お風呂 など、「聴きやすい分量(例えば50分)」に するのが、コツ!  
4.ある程度 仕上がったら
ミニチュア・スコアは、こんな使い方も出来て便利オーケストラのスコアで 練習

・オーケストラとの 「からみ」 を、おぼえる…ゆくゆくは 全体像を つかむ。
・オーケストラが入る前の1〜2小節、安定したテンポで(よろめかない)
・同じ速さをキープ ( フレーズを渡す時に、 rit しない )
・弦楽器の弓の弾み、弓の返し、ホルンのテヌートなどの 「マ」を
 調節できるように (ピアノっぽく、せかせか弾かない)

「仕上げの練習」は、日替わりメニュー
ピアノ協奏曲には、幅広い練習が必要。
例えば、 1.技術的な練習 → 2.フレージング・表現の練習 → 
      3.オケとのからみ ・ CDと合わせて弾く ・ 本番の服で弾く ・ 録音して反省
もちろん、「弾きにくい部分」 「暗譜の難所」 「待ち方の練習」 は、毎日練習
5.オーケストラと合わせてみて
2010年9月19日に演奏しましたオーケストラと 会話

 メトロノーム的に、ストレートに進むと、音が 重なってしまう。
 ・オーケストラのフレーズを受けて、ピアノで答える
  (第1楽章冒頭や140〜141など)
 ・キャラクター (話している人)が 変わるので、マをはさむ
  (第1楽章110〜111など)
「無意味にギラギラ」 を 「雰囲気高める音色に(弱音ペダル使用)」
 ・第1楽章56〜美しく聴かせるトリル
  第2楽章16〜弱音器をつけた弦楽器と合奏
オケに負けるな、ピアノの単旋律
 ・第1楽章255〜右だけくっきり、 第2楽章34〜35 主役の表現 (33は mp
その他
 ・第1楽章 テキパキ(2拍 70)で 練習していたのを、リラックスした(2拍 67)へ。
  前日・当日・本番で 少しずつ遅くしたが、難しかった。
 ・第2楽章108〜109、半音階ソまで弾き、細かい音2つ程離して、
  オーケストラと一緒にラ♭を弾く。
 ・第3楽章 ある楽器が出そこねて「あれっ」と思った瞬間、自分の指が注意散漫…
  浮足立つ。 (こういう時に限って、最も弾きにくい部分の 「直前」 だったりする)
  瞬時に、一音一音バラバラに考える方式へ切り替え、事なきを得た。
  遠回りした練習のおかげ…   (2010.10. 1.)
                 撮影 宍戸量一 先生 コントラバス田中寿代さんも演奏されました
夢藤哲彦 ホームページ  ピアノ協奏曲演奏法・解説  ピアノ協奏曲・目次
Copyright(c) 2010 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.