ジプシー・スタイルのヴァイオリン曲・参考音源

 ピアノ独奏ならリスト作曲「ハンガリアン・ラプソディー」、ヴァイオリンなら「チゴイネルワイゼン」
「チャルダーシュ」「ツィガーヌ」など、ジプシー・スタイルの曲がある。
 これらは、ハンガリー都市部のレストランや貴族の邸宅などで、ジプシー出身の音楽家たちが
合奏するスタイルがもとになっている。
 独特の表現があり、アカデミックな演奏とはねらいが違ったりする。

ジプシー・キャラヴァン CD映画「ジプシー・キャラヴァン」サウンド・トラックCD
 ルーマニアの音楽家たちによる演奏なので、昔のハンガリーのジプシー音楽
どんぴしゃりのヒントではない。
 ジプシー音楽は、資料が割とたくさん出ているので、探し方次第で、良い資料が
他にもあるだろう。

このCDは、夢藤が「チゴイネルワイゼン」を伴奏するのに役に立っている。
2曲目 どのように演奏するとジプシーの音楽になるか、ならないか、サキソフォンで10秒ずつ吹いている。
聴き比べると濃い音で魂をこめて、自分のメロディーとして吹いているのと、ヴィブラートなしで、
おざなりに音を並べているのと違いを感じる。
3曲目 前半では、即興的な味わいがあり、後半では、アカデミックなスタイルではやらないような加速をする。
21曲目 のリズムと哀感こめた歌の味わいが独特。
14曲目 「ホラ・スタカート」に似た曲をブラスバンドで高速演奏。
       8小節ごとのきめどころリズムが、前のめり気味で、さすがだ。(2009.7.)

左ファンファーレ・チョカリーア 右タラフ・ドゥ・ハイドゥークス

夢藤哲彦 ホームページ  伴奏者の仕事部屋
Copyright(c) 2009 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.