ピアノ音楽作曲家を 描いた 映画
「 架空の 物語 」 であっても、面白く 感じてしまいます。
 関連記事
シャネル&ストラヴィンスキー COCO & IGORシャネル & ストラヴィンスキー 曲は 楽しませて もらったけれど …
映画 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethovenベートーヴェンは 絵になる男
「 敬愛なるベートーヴェン 」 Copying Beethoven
 2006 イギリス

あらすじを ひとことで

20歳台前半の女性が、ベートーヴェンの 楽譜書きを 手伝い、
第9交響曲の 初演を 助けたら … という 架空の話
主な 登場曲
第9交響曲「 合唱 」、後期 弦楽四重奏曲 (大フーガ、14番、15番)
お気に入り 出演者
ベートーヴェン(エド・ハリス)、女性写譜師(ダイアン・クルーガー)
指揮したり、ピアノを弾く動作が、曲想に合っていて、気持ち良い。

おすすめ コメント
 ベートーヴェン体感映画である。 後期ベートーヴェンの仕事部屋に入って、会話したり、
言い争ったり、考えを 聞いたり できる。 登場曲に、よく親しんでいれば、とても 楽しめる。
アクション映画みたいに最後にクライマックスが来ない。( 映画終盤が dim. )
 ミネラルウォーターのような ベートーヴェン演奏を、よく 耳にする 昨今、
「 ベートーヴェンらしい 」エネルギーの 奔流を、味わいたい と思うことが 多い。
この映画は、彼を 単純に描いているけれど、ヒントを 求める人には役立つだろう。
映画 愛の調べ Song of Loveシューマン、クララ、ブラームス、リストが 登場
「 愛の調べ 」 Song of Love
 1947 アメリカ 白黒映画

あらすじを ひとことで

結婚前後と晩年のシューマン、苦労するクララを ブラームスが 支える
お気に入り 出演者
ブラームス(ロバート・ウォーカー) 誠実オーラで輝く。
クララ(キャサリン・ヘプバーン) 容姿似てないが、強気女優の風格
主な 登場曲 …… 壮観!
シューマン:トロイメライ(3回) 献呈(合計4回) 謝肉祭
 呪われた場所 ピアノ協奏曲 第3楽章
リスト:ピアノ協奏曲第1番 メフィスト・ワルツ シューマン献呈の ピアノ編曲
ブラームス:ラプソディー作品79の2 子守唄 ハンガリー舞曲4番 ワルツ15番
なお、映画中の リストと ブラームスの 作品は、物語の年代には 作られて いなかった。
無名のブラームスが シューマン家で弾くのが、ブラームスのラプソディー作品79の2!

おすすめ? コメント
 シューマンの生涯を 丁寧に 追っているが … ひとつひとつの 場面は 大胆な 作り話。
感じ良く まとめているので、後味が良い。
 場面の良さと 「 演奏の味 」が、一致させてあり、うれしく なる。
CDっぽい、よそよそしい演奏が流れるだけの 最近の映画とは違う 「 良さ 」 。
クララ映画を 比べてみる … その他の シューマン映画は、好みに 合わなかった
「 哀愁のトロイメライ 」 1983 ドイツ
・父娘密着していた ヴィークとクララに、シューマンが 割り込む。 確執を 強調。
・音楽の使い方は マニアックで、「うーん」 と、うなってしまう。
・クララ(ナスターシャ・キンスキー)は 肖像画以上に 美しいが、露骨で 扇情的な 映画。

「 クララ・シューマン 愛の協奏曲 」 GELIEBTE CLARA 2008 ドイツ
・病気で崩れていく シューマン、大活躍の クララ、横恋慕する ブラームス。
歴史に 忠実 を 心がけている。 でも、ときめかなかった。
ショパン … 白黒 VS カラ― の リメーク対決
映画 別れの曲 Abschiedwalzer「 別れの曲 」 Abschiedwalzer 
1934 ドイツ語版 白黒映画

あらすじを ひとことで

ポーランドに住む ショパンが、恩師エルスナ―に連れられて パリに 出る。
コンスタンツィア との恋は、かなうのか? (パリ時代前半までの 物語)
主な 登場曲 ( 半音高く聴こえる…… )
「 別れの曲(エテュード作品10の3) 」が 4回登場。
ピアノ演奏場面で 「 木枯らし 」「 英雄ポロネーズ 」「 革命 」
背景音楽は オーケストラで、「 ワルツ イ短調 作品34の2 」
「 マズルカ ハ長調 作品33の3 」 など
情報  ドイツ語版と フランス語版が、同じセットで 出演者を入れ替えて、一緒に 作られた。
フランス語版 LA CHANSON DE L'ADIEU が 日本で上映されたので、映画題名「別れの曲」に。
 「 エテュード 作品10の3 」 が、「 別れの曲 」 と 呼ばれる きっかけに なった。
映画 楽聖ショパン A Song to Remember「楽聖ショパン」 A Song to Remember 1944 アメリカ

あらすじを ひとことで

ショパンは、恩師エルスナ―に連れられて、パリへ。
サンドと出会って、ショパンはポーランドを 見捨ててしまうのか?
(ショパン亡くなるまでの物語)
主な 登場曲
子犬のワルツ、マズルカ 作品7の1、幻想即興曲、エオリアンハープ、
英雄ポロネーズ、スケルツオ2番、夜想曲変ホ長調 作品9の2、子守歌、
ワルツ作品64の2、夜想曲ハ短調 作品48の1…ピアノ演奏場面 多い!
( 映画 「 錨を上げて 」 で 大活躍の Jose Iturbi の 録音を 使っている )
情報 白黒 「別れの曲」を リメークした カラ―映画。 細部は 変えてある。
双葉十三郎 ミュージカル洋画 ぼくの500本 文春新書593 双葉十三郎「ミュージカル洋画 ぼくの500本」 (文春新書) では、
白黒 「 別れの曲 」を誉めて、カラ― 「 楽聖ショパン 」に 文句をつけている。
 「別れの曲」を 今回初めて見て、マが良くないというか、なじめなかった。
サンドが 魅力的で、彼女や リストが 出てくる時は、ドラマに入り込める。
 「楽聖ショパン」は、ピアノ演奏場面が多く、見ていて 飽きない。
ただし、薄味なドラマ。 「あり得ない話」が 浮き上がり、目立ってしまう。

 昔の伝記映画は、名曲を 並べて、史実を 曲げた、恋愛物語。
なまじっか 予備知識のある 現代人には、違和感があって、驚きの代物かも。
でも … 興味深くて、面白いんです。 (2010. 7. 19.)
夢藤哲彦 トップ ページ   好きな音楽映画
Copyright(c) 2010 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.