ピアノ協奏曲 リハーサルや 準備の様子
フランク:交響的変奏曲を、オーケストラと 演奏した記録
ピアノ協奏曲の「舞台裏」 見せます!
1.自宅練習の 最終 仕上げ (1か月前〜1週間前)
1)録音してチェック
・ピアノだけの聴かせどころを、芝居っ気たっぷりに…「マ」を作る
・弦をはじく pizzicato が 「はまる」ように、ピアノパートを弾いているか?
・和音や弓の変わる時、折り目正しいか?
・受け渡す時、相手が出やすいか?
 
フランク:交響的変奏曲
ピアノ独奏とは、勝手が違う!
舞台では、すぐ近くのヴァイオリンが大きく聴こえるが
客席では、全体像が聴こえる。
フランク:交響的変奏曲の21〜23小節
・木管楽器が支えているので、ピアノパートで
 客席に聴こえるのは、右手のみ
 (中低音の煙幕を張っているようだ)
・右手は 暖かく神秘的な音色と 調性感で、
 湧き上がるように弾く。
 オーケストラと一体となれるタイミングで。
・和音変わる22小節目始め、ボール紙の折り目くらい 折り目正しく。
 (はしょって 突っ走ると、「ずれた」「自分勝手な」演奏に 聴こえる)
・23小節、弦楽器へのつながりをイメージして、2拍目の タッチとタイミング
 単音を思い通りに弾くには練習が必要!
 (弾き終わりを ゆっくりする癖は、有害。 むしろ、押し込む)

2)メトロノームを使ってテンポ固定 / テンポの変わる部分 取り出して練習

3)オーケストラとの 「からみ」 再確認
・スロー再生みたいに ゆっくり弾く

  フランクの交響的変奏曲には、異なるメロディーが 合体(同時演奏)する
  感動的な部分がある。
  音程の協和、不協和、和音の味を感じながら…
・オーケストラの主要な旋律を口ずさみながら、ピアノパートを弾く
  交響的変奏曲には、ピアニストが対旋律、背景を弾く部分が、実に多い。
  最後の1〜2週間、オーケストラの音を自分のピアノで弾かないように
  ピアノ独奏と違った方向に手が動いてしまうからだ。 そのかわり↓


4)CDを かけて、ピアノパートを弾く (協奏曲練習には、役立つと思う)
・休みに 入ったら、次に 弾き始める鍵盤を 両手分、目で ねらいを つける。
 (休みと待ち方の練習)
・部屋を うす暗くして 鍵盤を あまり見なくても 弾けるようにする。

 (音の聴き方も鋭くなる)
・えんび服の上着だけ着る。 (両手交差させる時、袖の分だけ 手を上げる)
 女性も、「本番の袖」 「本番の靴」に 慣らしておいた方が、安全。

5)練習時間が取れても、「腹八分目」で 切り上げる。 (協奏曲は腕を疲れさせる)
2.指揮者と打ち合わせ(1週間前)
・ピアニストのテンポなど聴いてもらう。
・指揮者がテンポを作る部分を確認
・ゆっくり部分を神秘的に、対話の味があるように、などのアドバイスを頂く。

     最後の1週間は、まずい場所を修正するのと、演奏を体で覚えて固めるのに専念

3.リハーサル
・30分前には 着くこと (ぎりぎりに着いたら、マネージャーが あちこち電話していた!)
・練習番号の確認…必要なら自分の楽譜に書きこむ
(オーケストラのパート譜は、小節数なし・アルファベットだけ。休憩時間に 5分かけて 書く)
4.リハーサルを客席で録音する 自宅に帰ってから聴いてみて
1)バランスは良いか?
  ピアニストが、一体感なしで、大きな音で「ギラギラ」している所 多かった…修正。
  フランクの楽譜が pp なら、その通りでよかった。
  主旋律を弾いている楽器にバランスを合わせる。
2)遠くに座っている楽器(木管楽器とチェロ)は 聴こえにくい。
  この曲は、チェロ主役の部分が多い。 遠く、聴きとりにくく、目立たない音色。
  ピアノパートは、音色脇役・対旋律で。
  (なんとかしたけれど、目分量なので、かなり難しかった!)
3)オーケストラの「マ」で弾く。
  小節線上を、セパレートして 弾く場所を 発見。
  ピアニストは盛り上がると突進するが、オーケストラは盛り上がると厚くなる。
  おかずとご飯を 弁当箱に ぎゅぎゅう詰めに するのが、ピアニスト。
  厚く高く、てんこ盛りに お皿に盛るのが オーケストラ。
  小節線の上ですきまを作ったり、すきまの幅を調節してオーケストラに合わせる。
4)ピアノ独奏ならではの音色美、キャラクター変化を、本番のピアノで試しておく
5.当日
協奏曲の演奏会はあわただしい。お客さんが会場に入ってきても、調律の浅野健さんは舞台奥で黙々と当日、会場の ピアノで 練習できるのは、20分程度。
 (スケジュールに余裕のある協奏曲演奏会でも50分程度)
 当日、ステージ上の ピアノが 使えたのは、
 リハーサル後〜客入れまでの20分程度。
 なので、前日リハーサル後、夜8時から40分間練習。

・楽屋では当日リハーサルの録音を聴き、ポイントの音を確認、30分間ポカーン…
 (面白いアイデアを 思いついても、この段階で 「演奏を変える」 ことは、しない)
・メンバーやスタッフと楽屋ですれ違えば、廊下で挨拶。
 トイレ(小)の最中に一声「よろしく」と、こちらから軽く声をかける (筆者は男性)。

・本番でピアノに向かう時に、「一緒にがんばろう、よろしく、ありがとう 」オーラを、
 目と顔と全身から、オーケストラ全体に発散して歩いていく …
  (You Tubeで 交響的変奏曲 夢藤の演奏 ご覧頂けます)
6.指揮者 田中瑞穂先生の第1回 リハーサルでの話
指揮 田中瑞穂 フランクの「交響的変奏曲」は、私には感慨深い曲でしてね。
僕が高校生の時に、この曲が好きで好きでしょうがなかった。
( 「ませているなあ」という顔でオーケストラ笑い)
 ただ、曲の意味がわからなかった。

僕がやっと50歳くらいになった時、曲の意味がわかった。
フランクは子供のころ教会に行ったら、「君は音楽家に なりなさい」
と神の声を聞いたに違いない…
皆さんは 気が ついてないけれど、君達も 50か60に なった時(笑)
「若いころ、そういう声 聞こえたなあ」と、思い出すことが
あるかもしれないよ。
 フランクは老年期になって、自分の人生を感じながら、この曲を作ったと思うんだ。
曲のはじめは「神の声」なんだから、「おごそかに、威厳をもって」…(リハーサル始まる)

(終わりまで演奏して) ものすごく、良い曲だ!味があるねえ!
そろそろ、リハーサルが終わる時間なんだが…大好きな曲だから、もっともっと指揮したくて…

 もう1回、通そうか? (全員 「えっ」ていう顔になり、その後 声にならない苦笑い)
 じゃあ、曲の始めだけ練習しよう… (2010.1.28)
夢藤哲彦 トップページ  ピアノ協奏曲演奏法 解説  ピアノ協奏曲・曲目
Copyright(c) 2018 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.