かけ出しのピアニストが オーケストラと共演する方法を
考えてみました。
1.協奏曲のオーディションを受ける
 所属している音楽大学や日本演奏連盟などのオーディションを受ける方法。
選ばれるのは「運」だけれど、負担や手間が少なくて済む。
選考のポイントは、
 1)その協奏曲がテクニック面で十分弾けているか?
 2)オーケストラと合わせる余裕があるか?
  (拍子感を はしょって、突っ走るピアノ演奏は、マイナス評価)
 3)オーケストラの中心に立って、「オーラ」や「華」がありそうか?
外山雄三指揮 名古屋フィルハーモニー交響楽団 1985年1月 夢藤は、日本演奏連盟のオーディションに受かり、
1985年に名古屋フィルとリストのピアノ協奏曲第1番を
演奏させて頂いた。
公的助成が入っているので、切符の負担が少なめで済んだ。
プロのオーケストラとは、前日・当日午後・本番の3回演奏。
出来上がっている曲でないと、通用しない。
当時 学生だったので、自分は未熟、と 劣等感を持ったり
逆に強がって、元気にふるまっていた記憶がある。
オーケストラ奏者の気持ちで考えると、100%安定して弾けて
「ツボ」が合わせやすく、さわやかな若者 と一緒なら、
年の差なんか関係なく、喜んで演奏できると思う。
 気おくれは、不要。 よく準備して、自然体で臨めば良い。
2.地元の「市民オーケストラ、大学オーケストラ」に売り込む
断られることが多いだろう。 しかし タイミング合って 条件整えば チャンス。

1)コンタクトを取る団体・人物を調べる。
実際の演奏会を聴きに出かけたり、団員に様子を聞いたり…
自分の演奏会の招待状を持っていったり…
 ・共演できるとしても半年、1年先になる。(その年度の曲目は決まっている)
 ・アマチュアオーケストラの場合、「練習日はビオラなし、チェロ1人」とか
  「クラリネットは本番の日に来ます」とかの不自由は覚悟。
 ・自分が何枚くらい切符を売れるのか? いくらまで負担できるか?考えておく。

2)売り込み用のDVDを、とりあえず5部作ってみる。
 自分がピアノ協奏曲を弾いているDVDを、ビデオと自宅パソコンで作ってみる。
指揮者・事務局・団長など起用する立場からすると、「実力があって、
うまく弾いてもらえる証拠」が絶対に必要。とりあえず、2台ピアノ演奏でも可、
第1楽章だけでも可、オーケストラが予定している曲でなくても可

3)ピアノ協奏曲のリハーサルを見学させてもらう。
売り込みとは違う話題だが、どこがうまくいかないか、観察するのはとても役に立つ。
 ・テンポを仕切るのはどの楽器? (ピアノが暴走しないツボは?)
 ・バランスは? (どうやったら一体感が生まれる?)
 ・どういうキャラクターの音を打ち出す?
 ・ピアニストの立ち居振る舞いは?(休符が案外多いけど、美しく待つには?)
3.オーケストラを「買う」
演奏会の経費を負担する「オーケストラを買う」方法もある。
希望する協奏曲が、長期間待たずに弾ける。
負担金額(切符のノルマ)も、オーケストラのレヴェルも、本当に いろいろ。
焦らず、舞い上がらず、冷静に対応! 大切なのは、次の2つ
 ・身の丈に合った負担金額か?
 ・自分で聴きに出かけて納得できる内容か?
映画 オーケストラの少女
オーケストラ"を"売り込む場面……、
人を動かすには、熱意と良い方法が必要。
(2010.1.21.)
夢藤哲彦ホームページ トップ  ピアノ協奏曲演奏法 解説  ピアノ協奏曲 曲目
Copyright(c) 2010 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.